HuSIC_TechDoc

HuSIC Technical Document

このドキュメントについて

このドキュメントは基本情報を記述することを目的としています。
内容に不備や誤記がある場合があります。

トラック

行頭にトラック記号を記述することで、ノートやコマンドが使用可能になります。

トラック記号 内容
A HuC6280 Ch.0 FMLFO(*1)
B HuC6280 Ch.1 FMLFOコントロール(*1)
C HuC6280 Ch.2
D HuC6280 Ch.3
E HuC6280 Ch.4 ノイズ使用可(*2) XPCM使用可(*3)
F HuC6280 Ch.5 ノイズ使用可(*2) XPCM使用可(*3)

(*1): FMLFO使用時はCh.0とCh.1を合わせて1チャンネルとして扱います。
(*2): ノイズ使用時はノートは発音できません。
(*3): XPCM使用時はノートやノイズは発音できません。

使用可能ヘッダ一覧

行頭に以下のいずれかの文字列があった場合、
ヘッダ行として扱います。

文字列 効果 備考
#TITLE <str> タイトル  
#COMPOSER <str> 作曲者名  
#MAKER <str> メーカー カバー用
#PROGRAMER <str> プログラマ  
#OCTAVE-REV オクターブ記号反転  
#GATE-DENOM <num> ゲートタイム分母 qコマンドの分母
#INCLUDE <file> インクルード ファイルを挿入する
#OCTAVE-OFS <num> オクターブオフセット  
@XPCM<num> = { "ファイル",再生周波数 } PCMデータ 再生周波数は0-15
@WT<num> = { ... } 波形メモリデータ 32サンプル分の値を書く
@MP<num> = { ... } ソフトウェアLFO  
@EN<num> = { ... } ノートエンベロープ  
@EP<num> = { ... } ピッチエンベロープ  
@V<num> = { ... } 音量エンベロープ  
@<num> = { ... } トーンエンベロープ HuSICではハードウェア仕様により音色変更時にノイズあり
@ME<num> = { ... } マルチエンベロープ  

@系コマンドではnumは定義番号として機能します。
エンベロープに関しては"|"がループ開始記号として機能します。
また、x<num>で直前の値*num回の繰り返しが可能です。

例:
@V0 = { 31 x4 0 x4 }
は、
@V0 = { 31 31 31 31 0 0 0 0 }
と等価です。


使用可能コマンド一覧

行頭にトラック記号がある行では、以下のコマンドを使用することができます。

文字列 効果 備考
w[len] ウェイト  
@t<num,num2> テンポ2 num * num2 / 192.0
t<num> テンポ  
o<num> オクターブ  
> オクターブアップ  
< オクターブダウン  
l<len> 音長  
v+ 音量プラス  
v- 音量マイナス  
v<num> 音量 0:最小 31:最大
NB バンク切り替え  
EPOF ピッチエンベロープ オフ  
EP<num> ピッチエンベロープ  
ENOF ノートエンベロープ オフ  
EN<num> ノートエンベロープ  
MPOF ソフトウェアLFO オフ  
MP<num> ソフトウェアLFO  
FSOF FMLFO オフ  
FS<num> FMLFO  
FF<num> FMLFO 周波数  
MV<num> マスターボリューム 左右4bit、16段階。MV$ccなどと設定。
N<num> ノイズスイッチ num=1でオン
PL<num> パンL 音量  
PR<num> パンR 音量  
PC<num> パンセンター 音量  
P<num> パン 音量  
RI<num> リセット無視 RIフラグの項目を参照
W<num> 波形メモリ変更  
M<num> モード変更 num=1でXPCM
SDQR セルフディレイ キューリセット  
SDOF セルフディレイ オフ  
SD<num> セルフディレイ  
D<num> デチューン  
K<num> トランスポーズ  
@q<num> クオンタイズ2 num=フレーム指定のクオンタイズ
@pe<num> パンエンベロープ @MEの定義を使用
@vr<num> リリース音量エンベロープ @vと同じ定義を使用
@v<num> 音量エンベロープ  
@@r<num> リリーストーンエンベロープ @@と同じ定義を使用
@@<num> トーンエンベロープ  
<ノート>_<ノート> ポルタメント 例:c_g
<ノート>&<ノート> スラー 例:c&g
x データ直接出力(デバッグ用)  
k<num> キーオフ  
L 曲ループ記号  
|: リピート2開始  
:| リピート2終了  
\\ リピート2エスケープ  
[ リピート開始  
] リピート終了  
| リピートエスケープ  
{ 連符開始  
} 連符終了  
q<num> クオンタイズ 音長のn/8以降でキーオフ
^ タイ 例:c4^2
! トラック強制終了 この記号以降を無視する

RIフラグ


エンベロープのキーオン時のリセットを無視するフラグです(各ビットが1で無視します)

機能 ビット
トーン 0 1
ノート 1 2
ピッチ 2 4
LFO 3 8
パン 4 16

ノート表記

行頭にトラック記号がある行では、ノート(音符)を使用することができる。

ファ 休符
c d e f g a b r
"ノート[音長]"となり、音長を付加しない場合はlコマンドの設定値が音長になる。


文字列 内容
n<数値>[,音長] ノート番号直接入力

  • 最終更新:2015-10-05 22:07:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード