SCCISIM

SCCISIMとは?

mmldrvなどのSCCI対応アプリケーションをソフトウェアシミュレーションで
利用できるようになるDLLです。
音源ログ(S98/NLG)の出力も可能です。

各設定はsccisim.iniを変更することで有効になります。

現在、OPM/OPLL/OPNA/SSG/OPL3のシミュレーションが可能です。

コードとしてaslplug(nezplug++改造版)と、fmgen.cppを使用しています。

履歴

ver 20170716
コードの共通化。
バグ修正。


ver 20170208
名前の一覧に欠けていた部分を追加。

ver 20161213
初期化方法を変更。

ver 20161124
OPNAの初期化を追加。
S98ログ機能の修正。

ver 20161123
PCM出力バッファ化とタイミングの調整。
デフォルト音源設定の調整。


ver 20161112
初回起動時に設定が反映されないバグを修正。
PCM録音モード、デバイス毎ボリュームなどの追加。


ver 20161109
設定周りを変更した。

ver 20161109
SoundInterface周りをひとまず実装した。
SoundChipの生成方法を変更した。

ver 20161106
クロックを返すことでOPNAが使用可能になった。

ver 20161104
初期バージョン

ソースコード


  • 最終更新:2017-07-16 08:47:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード